脳神経外科

24時間365日専門医が常駐
高知県内の脳卒中、頭部外傷治療の
中心的役割を担い続ける!

診療方針と特徴

当科は昭和43年に開設され、高知県内の脳卒中、頭部外傷治療の中心的な病院として活動してきました。
特に、県内初の脳卒中ケアユニット(SCU)が15床あり、年間500名以上の脳卒中に対して、脳神経外科と脳神経内科の共同で診療にあたっています。
24時間365日、いつでも神経系を専門とする医師が病院に常駐しており、急性期脳梗塞に対するtPA静注療法を適切に迅速に投与できる体制になっています。
さらに、急性期脳主幹動脈閉塞に対する血管内再開通療法も行える県内では数少ない施設の一つです。
医師のほか、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、医療ソーシャルワーカーなど多職種からなる専門チームによる治療を早期から行い、近森リハビリテーション病院との円滑な連携により、回復期リハビリも継続して行えることも特徴の一つです。

医師紹介

部長 林 悟 Satoru Hayashi

Field [得意分野]

脳動脈瘤クリッピング術、バイパス手術、頸動脈内膜剥離術等の脳卒中の外科治療と、頭部外傷の急性期治療を専門にしています。神経内視鏡での脳内血腫除去、急性期脳梗塞に対する血管内再開通療法等も行なっています。

Message[患者さんへのメッセージ]

脳卒中も頭部外傷も、超急性期の対応および入院後の治療が非常に大切です。当院の脳卒中と頭部外傷の入院患者数は、中国四国地方でも有数です(2017年度DPCデータ:脳卒中4位、頭部外傷12位)。今までの経験をもとに、早期に回復していただけるよう、当院では多職種で専門性を発揮して治療にあたっています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・指導医
  • その他資格等
  • 日本脳卒中学会 脳卒中専門医・指導医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術指導医
  • 日本神経内視鏡学会 神経内視鏡技術認定医
  • 高知大学医学部臨床教授

科長 西本 陽央 Yo Nishimoto

Field [得意分野]

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や、その他の脳血管障害(未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻など)の外科治療(開頭手術)、脳血管内治療(カテーテル治療)を専門としています。頭部外傷の外科治療、集中治療も得意分野です。珍しい病気ですが、脊髄血管障害にも興味を持って取り組んでいます。

Message[患者さんへのメッセージ]

自分の専門分野は最後まで責任を持って対応します。自分の専門外や経験のない病気では、経験のある医師への相談、紹介をするのも大切な仕事と考えています。当院の特徴はチーム医療です。多職種で力をあわせて頑張っています。つらいことも多い診療科ですが、明るさを心がけて診療にあたります。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医
  • その他資格等
  • 日本脳卒中学会 脳卒中専門医・指導医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術認定医
  • 日本神経内視鏡学会 神経内視鏡技術認定医
  • 高知大学医学部臨床講師
  • 日本救急医学会 ICLSディレクター
  • 日本DMAT隊員

帆足 裕 Yu Hoashi

Field[得意分野]

手術のエキスパートになりたいと思っています。

Message[患者さんへのメッセージ]

高知大学より赴任してまいりました。手術、救急を中心に頑張りたいと思っています。よろしくお願いいたします。

近藤 雄一郎 Yuichiro Kondo

Field[得意分野]

血管内治療に興味があり、専門医資格取得を目指しています。

Message[患者さんへのメッセージ]

患者さんの状態を少しでも良くできるようベストを尽くします。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医

新たな取り組みと治療方法

急性期脳梗塞に対するtPA静注療法、急性期脳主幹動脈閉塞に対する血管内再開通療法を、いつでも行うことができる体制になっています。また、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対しては、開頭クリッピング術と血管内手術のいずれも行うことができます。脳内出血に対しても、開頭手術と神経内視鏡手術のいずれも対応することができ、患者さんやご家族のご希望と安全性や根治性等を考慮し、より良い治療法を選択しています。
手術室はICG(インドシアニングリーン)蛍光血管造影が可能な顕微鏡、ナビゲーションも使用できる環境にあり、適宜MEP等のモニタリングも行ない、安全な手術を心がけています。また、血管内治療ではバイプレーンによる2方向からの透視とCTを兼ね備えたIVR-CTにより、より安全な治療と迅速な検査が可能となっています。

診療実績