泌尿器科

体への影響が少ない治療を提案
尿路結石症、悪性腫瘍、外傷など
救急患者にも迅速に対応します

診療方針と特徴

当科は常勤医師2名と非常勤医師5名で診療を行っています。ER(救命救急センター)を持つ病院として、尿路結石症などの救急患者が多いのが最大の特徴です。
救急疾患以外にも、良性あるいは悪性腫瘍疾患に対して、外科的治療、抗癌化学療法、免疫療法などを、単独もしくは組み合わせて治療を行っています。標準的あるいは高度な開腹術ももちろんですが、特に低侵襲治療(患者さんの体への影響が少ない治療)として腹腔鏡手術を積極的に行います。
また、日本泌尿器科学会専門医教育施設であり、医学部学生の臨床実習や初期〜後期研修医の研修ができる診療体制も整えています。

医師紹介

部長 田村 賢司 Kenji Tamura

Field [得意分野]

得意分野は、腹腔鏡手術と遺伝性腫瘍疾患です。腎細胞癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌の治療において、標準的な開腹手術はもちろんですが、特に低侵襲治療として腹腔鏡手術を積極的に行っています。また尿路結石症に対する内視鏡手術も得意としています。

Message[患者さんへのメッセージ]

当科が診察を行う領域は、副腎、尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)および男性生殖器(前立腺、陰茎、精巣)および女性の骨盤臓器脱(膀胱脱など)の疾患です。泌尿器科領域の疾患に関するプライマリーケアから高度先進医療まで対応可能な診療を目指しています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
  • 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
  • その他資格等
  • 医学博士(高知大学-2007年)
  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 高知大学医学部臨床教授
  • 高知大学短期研究員(2019年4月1日~2020年3月31日)

竹森 大悟 Daigo Takemori

Field[得意分野]

尿路結石、尿路感染症(膀胱炎や腎盂腎炎など)、排尿障害(前立腺肥大症や過活動膀胱など)、悪性腫瘍(前立腺がん、膀胱がん、腎がんなど)といった泌尿器科疾患を幅広く行っています。

Message[患者さんへのメッセージ]

近森病院泌尿器科の竹森と申します。高知県高知市出身です。土佐高校、高知大学を経て、高知大学泌尿器科学講座に所属しています。尿でお困りの方、お気軽にご相談ください。

非常勤 齊藤 源顕 Motoaki Saito

Field[得意分野]

排尿障害は生活の質を著しく低下させ、さらに脊髄損傷患者や二分脊椎患者においては生命予後を左右させる病態です。排尿障害患者に対して詳しく検査できる装置は高知県内では近森病院にしかなく、排尿障害に対して的確に診断し標準的な治療を行います。

Message[患者さんへのメッセージ]

私の担当は原則第4金曜日午後の月に1回ですが、難治性排尿障害に対して最新の世界水準から見てエビデンスに基づく標準治療を行います。排尿障害に対してお困りの先生方遠慮せずにご紹介下さい。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
  • その他資格等
  • 日本排尿機能学会 認定医・理事
  • 日本性機能学会 専門医・理事
  • 日本臨床薬理学会 指導医
  • 高知大学医学部薬理学講座・教授

非常勤 亀井 麻依子 Maiko Kamei

Field[得意分野]

女性泌尿器疾患を中心に診療を行っています。
過活動膀胱、腹圧性尿失禁、間質性膀胱炎、骨盤臓器脱、夜間頻尿など。

Message[患者さんへのメッセージ]

男性医師には相談しにくい排尿の悩みについてご相談ください。頻尿や尿失禁を中心に診療しています。骨盤臓器脱については診断を行っており、他院と連携し手術紹介をさせていただきます。血尿など一般泌尿器疾患も診察しています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
  • その他資格等
  • 医療法人亀井クリニック 副院長

非常勤 安宅 香弥 Kaya Atagi

Field[得意分野]

平成31年4月から高知大学泌尿器科に入局となりました。安宅 香弥です。専門は未だ決まっていませんが、泌尿器全般を診させていただきます。将来的には泌尿器一般に加え、小児泌尿器と女性泌尿器に興味があり専門としたいと考えています。

Message[患者さんへのメッセージ]

おしっこの悩み(頻尿や残尿感、尿に血が混じる、急におしっこに行きたくなり間に合わない)などの症状があれば是非1度受診してみてください。また、お子さん(包茎だけど大丈夫?と思っているお母様)、女性の患者さんで「恥ずかしくて受診できない。」など悩んでいる方も気軽にご相談ください。

泌尿器科_小林修.jpg

非常勤 小林 修 Syu Kobayashi

Field[得意分野]

泌尿器一般を幅広く診させていただきます。現在後期研修中であるため、排尿障害や性機能といった生活の質に関わるものから、がん治療などの先端医療まで幅広く勉強しています。

Message[患者さんへのメッセージ]

群馬県出身ですが、現在は高知の魅力に惹かれ現在は高知県民です。高知の皆様により良い医療を提供できるよう日々精進しています。どうぞよろしくお願いいたします。

非常勤 重久 立 Ryu Shigehisa

Field[得意分野]

高知大学医学部泌尿器科学講座に入局しました重久 立(しげひさ りゅう)と申します。泌尿器科一般を担当しています。現在は修行中の身で得意分野はありませんが、将来的には泌尿器腫瘍や尿路感染症などの分野を深めたいと思っています。

Message[患者さんへのメッセージ]

泌尿器科受診をためらわれている方は多いのではないでしょうか。尿のお悩み(頻尿、残尿感、血尿、排尿時痛など)があれば、是非一度、当院を受診ください。患者さんのよりよい生活のためのお手伝いをさせていただければと思います。

主な疾患

尿路結石症、経尿道的尿路結石除去術(TUL)

新たな取り組み

新たに腹腔鏡手術を積極的に取り組んでおります。

診療実績

平成29年度の尿路結石症の治療件数は、高知県で第1位の実績があります。