放射線科

高いレベルの画像診断と
IVRを駆使する高度な技術で
厚い信頼を集めています

診療方針と特徴

当科の業務は「画像診断」「IVR(画像下治療)」「核医学」です(放射線治療はありません)。
「画像診断」の主たる業務は「読影」です。CT・MRI・核医学など、高度な医療機器を駆使して行う画像検査に対し、素早く正確な診断レポートを作成します。
他にも、超音波検査や消化管造影など、放射線科医が自ら行い、診断する検査業務もあります。

IVR(画像下治療)は、血管造影や超音波など画像診断技術を応用して行う、低侵襲(体の負担が少ない)治療全般を指します。従来体にメスを入れる必要があった疾患が、経皮的(切らず)に治療できるようになってきました。

放射線科は、画像診断に関するサービス業とコンサルタント業を高いレベルで両立させる司令塔の役割を果たすと共に、IVRを駆使する高度な技術が要求される、現代医療では不可欠な部門であり、病院の質的向上に大いに寄与しています。

医師紹介

部長 宮﨑 延裕 Nobuhiro Miyazaki (画像診断部部長)

Field [得意分野]

各種画像診断(CT・MRI・超音波など)、画像下治療(IVR)が主な業務です。
特に救急放射線領域は、その技術を迅速・的確に提供することにより、救急医療に寄与できる、放射線科医としてやりがいのある分野です。
心臓血管外科と協力し、大動脈ステントグラフトも行っています。

Message[患者さんへのメッセージ]

生まれも育ちも高知市、出身大学も高知と、生粋の土佐人です(なぜか高知っぽくないと言われることが多いですが(笑))。
近森病院での勤務がキャリアの大半となってきました。
ウマい・早い・安いをモットーに、迅速・的確な診断・IVRの提供を心がけています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本医学放射線学会 放射線科診断専門医
  • その他資格等
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導者
  • 関連10学会構成 日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部大動脈ステントグラフト 指導医
  • 関連10学会構成 日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部大動脈ステントグラフト 実施医
  • 高知大学医学部臨床教授

部長 清水 和人 Kazuto Shimizu

Field [得意分野]

CT・MRIの読影に大部分の時間を割いています。腹部を中心としたIVR(低侵襲の画像下治療)も専門分野であり、体への負担を掛けない治療を行なっています。

Message[患者さんへのメッセージ]

愛媛県の南端、愛南町出身の放射線科医です。X線(レントゲン)、超音波、CT、MRIなど様々な画像より、迅速に極力正確な診断を行なうように心掛けています。いつのまにか医師としての長い期間を近森病院に従事することとなっていました。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本医学放射線学会 放射線科診断専門医
  • その他資格等
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導者
  • 高知大学医学部臨床教授

科長 細田 幸司 Kouji Hosoda

Field [得意分野]

CT、MRI、超音波など、画像診断全般を業務としています。
様々な画像ガイド下治療も行っています。肝・胆道系の穿刺・チューブ挿入や、出血に対しての血管内治療での止血、腫瘍の塞栓など行っています。また、脳外科と協力し脳血管内治療にも従事しています。

Message[患者さんへのメッセージ]

近森病院には2013年から勤務しています。適切な診断が行えるように画像を読影しています。合併症を少なく、短時間で良好な治療効果が得られるよう心がけて治療しています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本医学放射線学会 放射線科診断専門医
  • その他資格等
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導者
  • 高知大学医学部臨床准教授

診療実績