薬剤部

一日も早く元気になっていただくために
「薬の専門家」として治療に参加しています。

役割と特徴

患者さんに一日も早く元気になっていただくために、安全で有効な薬物療法を提供できるように努めることが私たち薬剤師の使命です。そして、日々進歩する薬剤についての情報を医療スタッフに提供することも私たちの役割です。近森病院薬剤部では全ての病棟に薬剤師が常駐し、薬剤に関わるいろいろな仕事を行っています。入院時には持参された薬剤を調べ、その情報を医師や看護師等と共有し、入院後の治療に役立てています。また、入院中は服薬指導のほか、患者さんの状態から薬剤の効果や副作用の有無を確認し、薬剤の特徴や飲み合わせを考えて、患者さん一人ひとりに合った投与量や使用方法を医師に提案しています。退院される時には退院後も安全で有効な治療が続けられるよう、入院中に使用した薬剤の情報や注意点を他施設にお知らせしています。

メッセージ

私たちは、医療チームにおける「薬の専門家」として薬剤師という職業に誇りをもって日々の業務に取り組んでいます。そして、患者さんから信頼され、必要とされる薬剤師でありたいと思っています。お薬についてお困りのことがありましたら、ぜひ薬剤師にご相談ください。

これから入院または受診される方へ

  • 当院や他院の薬を内服されている方は、内服中の薬または薬の説明書をお持ちください。入院中の内服については病院の医師、看護師、薬剤師の説明に従って服用してください
  • 薬のアレルギーがある方、薬による副作用を経験したことがある方は、必ず医師、看護師、薬剤師にお申し出ください

入院中の薬について

おくすり説明書の例.jpg

入院中の薬は病院の薬局で調剤し、各病棟の担当薬剤師が薬の説明に伺います。薬に関するご質問や不安、気になることなどがありましたらお気軽にお尋ねください。
私たち薬剤師は薬の説明をする中で、薬の働きや飲み方の他、「どうしてこの薬が必要なのか」「どのような飲み方が効果的か」といったことをお話し、必要に応じてお薬説明書をお渡ししています。また、「食事は進みますか?」「お腹の調子はどうですか?」といった何気ない会話の中で、服薬している薬の副作用のチェックもしています。薬の相互作用(薬の飲み合わせ)の確認をすることも薬剤師の大切な仕事です。
患者さんに一日も早く元気になっていただくため、私たち薬剤師も医師や看護師や他のスタッフと共に治療に参加します。