形成外科

外傷・熱傷・褥瘡・皮膚潰瘍など
オールマイティーに診療し、
「質の高い傷の治り方」を目指します。

診療方針と特徴

整形外科が骨や関節を診療するのに対して、頭から手先・足先までの皮膚や軟部組織の診療を行うのが「形成外科」です。
当科では、外傷や熱傷はもちろん、その後に生じる変形やケロイドなどの治療にも力を入れています。また、近年は糖尿病や透析など基礎疾患、末梢血管病変に伴う褥瘡(いわゆる床ずれ)や皮膚潰瘍の治療も行っており、特に「重症下肢虚血」においては職種の垣根を越えた合同カンファレンスにより、多角的なケアに取り組むチーム医療を行っています。
他にもレーザー治療や陥入爪矯正治療など様々な疾患の診療を行っていますが、全てにおいて「より質の高い傷の治り方」を目指しています。

※形成外科の対象疾患について、詳しくはこちらをご覧ください。
日本形成外科学会ホームページ
(近森病院のサイトから離れ、別のサイトに移動します)

医師紹介

部長 赤松 順 Jun Akamatsu

Field [得意分野]

頭蓋、顎、顔面領域・体幹・四肢の形成外科など幅広く手術を行っています。特に、顔面骨骨折や顔面軟部組織損傷の手術、熱傷の治療および外傷後の瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド、皮膚腫瘍切除後の再建手術などを得意としています。

Message[患者さんへのメッセージ]

大阪医大、故田嶋貞夫教授のもと頭蓋顎顔面外科、皮弁再建外科、倉敷中央病院で先天異常、皮膚外科など多くの症例を経験。外傷や臍、耳の変形や先天異常、眼瞼下垂や顔面神経麻痺の手術治療をはじめ、難治性潰瘍や気になる傷跡など気軽にご相談ください。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
  • 日本形成外科学会 小児形成外科分野指導医
  • その他資格等
  • 日本創傷外科学会 専門医 評議員
  • 日本褥瘡学会 認定師 評議員
  • 医学博士(大阪医科大学-2000年)
  • 大阪医科大学臨床教育教授
  • 高知大学医学部臨床教授

部長 杉田 直哉 Naoya Sugita

Field [得意分野]

顔面骨骨折や熱傷などの急性期外傷から、褥瘡や足の潰瘍などの慢性創傷まで幅広く治療をしています。近年増加している、糖尿病やPADを原因とする足病変の集学的治療にも力を入れています。

Message[患者さんへのメッセージ]

奈良県出身の形成外科医です。高知県に来て15年以上になります。これからも高知の医療に貢献できるよう自己研鑽を重ねていきます。創傷などでお困りの患者さんは随時ご相談ください。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本形成外科学会 領域指導医
  • 日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
  • 日本形成外科学会 小児形成外科分野指導医
  • その他資格等
  • 日本創傷外科学会 専門医

木村 祐介 Yusuke Kimura

Field [得意分野]

急性期外傷から慢性創傷、良性・悪性腫瘍、瘢痕、先天異常など形成外科の広い分野に対応できるよう日々研鑽しております。当院では特に急性期外傷や褥瘡、下肢の潰瘍などの慢性創傷の経験が豊富であり、皆さまにより良い医療を提供できるよう励んでいます。

Message[患者さんへのメッセージ]

専門医取得のため研鑽中ではありますが、皆さま一人一人にとってより良い医療を提供できるようにより一層励んでまいりたいと思っています。2018年から2度目の高知生活を送っています。至らぬ点もあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

主な疾患と治療方法

青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑、後天性真皮メラノサイトーシス)

図1
症状
青みのある色素性病変です。青あざは、色素細胞(メラノサイト)が皮膚の深いところ(真皮)に集まってできるアザで、生まれつき、または生まれて間もなくできるもの(蒙古斑、異所性蒙古斑、太田母斑、伊藤母斑)や、思春期以降の大人になってからできるもの(後天性真皮メラノサイトーシス)があります。目の周りや頬を中心とした片側顔面にできる青あざの代表には太田母斑(図1)があり、思春期以降の女性に多いのが特徴ですが、乳児期から濃くなっていくもの、両側にできるものもあります。また、肩の周りにできる同様のあざは伊藤母斑と呼ばれます。
治療
当院では、高いパワーと短い時間であざの部分のみ照射を行う「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」で治療しています(但し、後天性真皮メラノサイトーシスは保険適応外です)
また、資生堂パーフェクトカバーファンデーションなどによるリハビリメイクもご紹介しています。

皮膚異物沈着症(外傷性刺青)

症状
外傷によって生じた色素性病変です。青あざと同様に真皮の深いレベルに異物が沈着して青黒く見えます。
治療
当院ではQスイッチアレキサンドライトレーザーで治療しています。外傷性刺青の多くは3回前後の治療で終了します。残存した場合には外科的治療も考慮します。

新たな取り組みと治療方法

かねてより当科が高知県で唯一治験に参加していた新たな血管を作る遺伝子治療薬「コラテジェン®」が、10年以上の月日を経て条件付き認可となりました。この治療薬は、「標準的な薬物治療の効果が不十分で、血行再建術の施行が困難な慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症およびバージャー病)における潰瘍の改善」を効能・効果とする日本初の遺伝子治療用製品です。これまで切断の可能性の高かった虚血肢に対する救肢への治療の道が拓けました。当科では引き続き取り組みを続け、早期の導入を目指したいと思います。

診療実績