内科

専門医が結集した
大内科制で
幅広い診療を可能に。

診療方針と特徴

内科は、循環器内科・川井和哉、消化器内科・榮枝弘司、脳神経内科・山﨑正博の各主任部長を中心に、呼吸器内科、糖尿病・膠原病内科、血液内科の専門医、さらに後期研修医も加わった44人の陣容で患者さんの診療を行っています。
当院の特徴は、内科の各診療科を統合した「大内科制」であり、病棟も医局も共有し、毎朝のミーティングや週1回の症例検討会、月1回のCPC(臨床病理検討会)などは、できるだけ全員で集まり、垣根のない診療を心がけています。同時に、臨床研修病院として「内科医は専門医である前にジェネラリスト(総合診療医)であるべき」という信念のもと、バランスのとれた内科医を育てることも重要であると考えています。

医師紹介

部長(非常勤) 浜重 直久 Naohisa Hamashige (臨床検査部顧問)

Field[得意分野]

毎週の入院患者の回診で若い医師の診療をチェックし、外来ではかかりつけの先生とのキャッチボールをしながら長期的な安定化をこころがけています。

Message[患者さんへのメッセージ]

医療では、症状の軽減とともに、生命予後の改善が重要です。信頼できるかかりつけ医をもつとともに、時々専門医の定期チェックを受けることをお勧めします。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • その他資格等
  • 日本循環器学会 代表正会員
  • 日本心臓病学会 特別正会員(FJCC)
  • 医学博士(高知医科大学(現高知大学)-1989年)

部長 白神 実 Minoru Shiraga (呼吸器内科兼任)

Field[得意分野]

呼吸器感染症(肺炎、非結核性抗酸菌症)、閉塞性肺疾患(COPD)、肺結核後遺症等の慢性呼吸不全、気管支喘息などのアレルギー性疾患、特発性間質性肺炎や膠原病等による間質性肺炎、肺癌等の胸部悪性疾患など呼吸器疾患、アレルギー疾患、内科一般です。

Message[患者さんへのメッセージ]

地域の先生方と連携して、「高知家の医療版」と言える様な地域包括ケアシステムを推進したいと思います。特に肺炎に関しては肺炎治療ネットワークの構築を目指し、誤嚥性肺炎等の地域の病院への早期の転院促進を進めて行きたいと思っています。

Qualifications[資格等]
    医師の専門性資格(医政総発0124第1号通知に準ずるもの)
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会 アレルギー専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
  • その他資格等
  • 医学博士(徳島大学-2002年)
  • 厚生労働省臨床研修指導医
  • 臨床研修プログラム責任者講習修了
  • 日本医師会 認定産業医

山本 博隆 Hirotaka Yamamoto

Field[得意分野]

はじめまして。山本博隆です。高知大学医学部附属病院で二年間研修し、第二内科に入局しました。(内分泌・代謝・腎臓・膠原病) 得意分野は現在模索中です。笑
今年は三年目として一年間近森病院で内科を学び、ジェネラリストを目指して頑張りたいと思います。

Message[患者さんへのメッセージ]

こんにちは。山本博隆です。まだまだ未熟な私ですが、全力を尽くして病気に向き合うだけでなく患者さんの心にも寄りそえる良い医師になれるように頑張りたいと思います。宜しくお願い致します。

診療実績