外来化学療法室

外来化学療法室では、多職種連携のチーム医療によって支持療法を行っています。当院での診断後に、あるいは手術後の補助療法として、外来化学療法に移行した患者さんが大部分ですが、外来化学療法目的の直接のご紹介も受け付けます。

役割と特徴

1.外来化学療法室の概要

  • 「外来化学療法室」では、主治医から化学療法オーダーのあった患者さんに対し、専任医師、専門資格を有する薬剤師、看護師を中心に、チーム医療(医師、薬剤師、看護師、歯科医師、歯科衛生士、栄養士)で支持療法を行っています。
  • 保険診療で規定されている外来化学療法とは、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤、分子標的薬、両者の併用)点滴と、関節リウマチ、クローン氏病、ベーチェット病、潰瘍性大腸炎に対する分子標的薬の点滴で、後者も専用室での実施が求められています。
  • 時間のかかる点滴治療を入院ではなく通院で行なうことで、患者さんの日常生活パターンを変えることなく治療を継続し、生活の質を落とさないことを目指しています。

2.特徴

    • がん化学療法領域におけるPBPM(protocol based pharmacotherapy management)「プロトコールに基づく薬物治療管理」を導入し、化学療法の安全性の確立、患者さんの生活の質を落とさないための有害事象回避を図っています。
    • 歯科チェック、栄養指導、漢方薬処方を点滴施行中に済ませ、患者さんに余分な時間を取らせないシステムです。
    • 患者さんに「治療日誌」をお渡しし日々の変化を記述して頂き、主治医とともに副作用チェックを行っています。

(外科部長 田中洋輔)

3.設備

  • 外来化学療法室(外来センター6階:現名称は点滴センター)は、8ベッド(5ベッドは個室仕様、3ベッドはカーテン仕切り)と2台の専用チェアーを有し、すべてに個人用テレビを備え、治療中、患者さんにはゆったりした環境で好みのスタイルで過ごして頂けます。
  • 専用室のすぐ隣に薬剤調整室を備え、医師から化学療法オーダーが入り次第、直ぐに薬剤師が薬剤を無菌的調剤し、患者さんをお待たせすることがありません。
薬剤調整室

4.スタッフ

医師 1名
看護師 3名
薬剤師 2名

歯科医師、歯科衛生士、栄養士、漢方薬処方医師は適宜対応。

設備

5.対応疾患

  • 悪性腫瘍:大腸癌、胃癌、膵癌、胆道癌、肺癌、乳癌、尿路上皮癌、前立腺癌、悪性リンパ腫、血液腫瘍、悪性黒色腫。
  • 関節リウマチ、クローン氏病、ベーチェット病、潰瘍性大腸炎

チーム医療

薬剤師が主治医に相談します。

プロトコールに基づく薬物治療管理(PBPM)を導入し、「下痢」や「抗EGFR抗体薬による皮膚障害」、「B型肝炎再活性化早期発見」などのアルゴリズムに従って有害事象(副作用)の軽減・予防のために、薬剤師から主治医に積極的にアプローチしています。また化学療法室(点滴センター)内に薬剤調剤室が併設されている特徴をいかし、薬剤師による細やかな患者さん面談や医師・看護師他との積極的なディスカッションを行っています。薬剤師から、他科(歯科、皮膚科、がんサポート外来など)受診提案や、管理栄養士、歯科衛生士など他職種への介入依頼など、チーム医療の円滑化を図っています。さらに、お薬手帳の活用による保険薬局との情報共有によって患者指導や有害事象モニタリングに関する連携を強化しています。

(がん薬物療法認定薬剤師 宮崎俊明、薬剤師 池澤万穂)

看護師が支援します。医師と連携します。

患者さん方が外来で化学療法をする最大のメリットは、普段の生活を続けることができるということです。そのために私たち看護師は、安全・安楽な点滴治療を実施すると同時に、症状アセスメントを行ない、有害事象(副作用)の軽減のために、必要であれば漢方がんサポート外来、歯科、薬剤師、栄養士など多職種に繋げて行きます。

(がん化学療法看護認定看護師 清遠朋巳)

歯科医、歯科衛生士が口腔内のサポートをします。

化学療法による身体の抵抗力の低下(骨髄抑制など)があると虫歯や歯周病は重篤な全身感染の原因となる可能性があります。また、副作用による口腔粘膜障害(口内炎)や味覚障害などの有害事象を起こすことが多くあります。口腔内診査をもとに、化学療法中の有害事象のリスクを歯科医師が診断し、歯科衛生士とともに適切なブラッシング指導や専門的な航空ケア方法をお伝えしています。また、かかりつけの歯科医院と連携しながら適切なタイミングで治療が受けられるようにサポートをしています。

(歯科医師 岸本智子)

栄養士が食事指導します。

化学療法にともなう様々な症状は、食事摂取量の低下につながる場合が多く、体重減少や栄養障害が進行する場合が少なくありません。私たち管理栄養士は、病状や出現する症状を考慮し、患者さんの生活状況に応じた栄養指導を行います。また医師をはじめ他職種と連携をとり、よりよい栄養サポートにつなげることを目指しています。

(管理栄養士 内山里美)

漢方に詳しい内科医が体調をサポートします。

がん細胞に対する直接的な治療は、以前に比べ著しい効果が期待できる時代になりました。しかし体を元気にする治療は西洋医学では未だ十分とは言えません。体を元気にする治療は漢方医学が得意とする分野です。がん治療は総力戦です。西洋医学と東洋医学の優れた所を取り入れて元気を維持しましょう。我々は体を元気にする人参、黄耆などの入った漢方薬でがん治療をサポートします。

(内科部長 浅羽宏一)

診療実績

年間外来化学療法件数

外来化学療法 がん化学療法 分子標的薬治療
2011年 703 142
2012年 839 212
2013年 732 419
2014年 836 633
2015年 651 576
2016年 673 715
2017年 772 682
2018年 728 602
2019年 667 527

年間がん化学療法件数

がん化学療法 外来がん化学療法 入院がん化学療法
2010年 632 144
2011年 703 149
2012年 839 155
2013年 732 156
2014年 836 133
2015年 651 59
2016年 673 319
2017年 772 358
2018年 728 817
2019年 667 910

登録レジメン・保険薬局の方へ

登録レジメン総数は187件ですが、ここには比較的多用されているレジメンのみを掲載します。

レジメン名

肺がん 小細胞肺癌 シスプラチン+エトポシド併用療法
小細胞肺癌 カルボプラチン+エトポシド併用療法
小細胞肺癌 テセントリク+カルボプラチン+エトポシド併用療法
小細胞肺癌 イミフィンジ+シスプラチン+エトポシド併用療法
小細胞肺癌 イミフィンジ+カルボプラチン+エトポシド併用療法
小細胞肺癌 イミフィンジ単独維持療法
小細胞肺癌 ハイカムチン単独療法
小細胞肺癌 カルセド単独療法
小細胞肺癌 カンプト単独療法
非小細胞肺癌 アブラキサン+カルボプラチン+アバスチン併用療法
非小細胞肺癌 アブラキサン+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 アリムタ+カルボプラチン+アバスチン併用療法
非小細胞肺癌 アリムタ+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 アリムタ+シスプラチン併用療法
非小細胞肺癌 アリムタ単独療法
非小細胞肺癌 アリムタ+アバスチン併用維持療法
非小細胞肺癌 アバスチン単独維持療法
非小細胞肺癌 カルボプラチン+TS-1併用療法
非小細胞肺癌 タキソテール単独療法
非小細胞肺癌 イミフィンジ単独療法
非小細胞肺癌 オプジーボ単独療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ+アブラキサン+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ(6週毎)+アブラキサン+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ+アリムタ+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ(6週毎)+アリムタ+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ+アリムタ+シスプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ(6週毎)+アリムタ+シスプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ+アリムタ併用維持療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ(6週毎)+アリムタ併用維持療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ+パクリタキセル+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ(6週毎)+パクリタキセル+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ単独療法
非小細胞肺癌 キイトルーダ単独療法(6週毎)
非小細胞肺癌 テセントリク+アリムタ+カルボプラチン併用療法
非小細胞肺癌 テセントリク+アリムタ+シスプラチン併用療法
非小細胞肺癌 テセントリク+アリムタ併用維持療法
非小細胞肺癌 テセントリク+カルボプラチン+パクリタキセル+アバスチン併用療法
非小細胞肺癌 テセントリク+アバスチン併用維持療法
非小細胞肺癌 テセントリク単独療法
非小細胞肺癌 サイラムザ+タキソテール併用療法
胃がん 【術後補助】タキソテール+TS-1併用療法
SOX+ハーセプチン併用療法
SOX療法
XELOX療法
アブラキサン単独療法(weekly)
カンプト単独療法
パクリタキセル単独療法
サイラムザ+パクリタキセル併用療法
サイラムザ+アブラキサン併用療法
サイラムザ単独療法
シスプラチン+TS-1併用療法
ハーセプチン+シスプラチン+ゼローダ併用療法
ハーセプチン+シスプラチン+TS-1併用療法
膵臓がん
胆道がん
胆道癌 GCS療法
胆道癌 ゲムシタビン+シスプラチン併用療法
膵臓癌 modified FOLFIRINOX療法
膵臓癌 アブラキサン+ゲムシタビン併用療法
膵臓癌 オニバイド+FF併用療法
膵臓癌・胆道癌 ゲムシタビン単独療法
膵臓癌・胆道癌 ゲムシタビン+TS-1併用療法
大腸癌 FOLFIRI療法
FOLFIRI+アービタックス併用療法
FOLFIRI+アバスチン併用療法
FOLFIRI+ベクティビックス併用療法
FOLFIRI+サイラムザ併用療法
mFOLFOX6療法
mFOLFOX6+アービタックス併用療法
mFOLFOX6+アバスチン併用療法
mFOLFOX6+ベクティビックス併用療法
FOLFOXIRI+アバスチン併用療法
IRIS療法
IRIS+アバスチン併用療法
SOX療法
SOX+アバスチン併用療法
XELOX療法
XELOX+アバスチン併用療法
XELIRI+アバスチン併用療法
TS-1+アバスチン併用療法
UFT+LV+アバスチン併用療法
ゼローダ+アバスチン併用療法
ロンサーフ+アバスチン併用療法
アービタックス単独療法
アービタックス+カンプト併用療法
ベクティビックス単独療法
ベクティビックス+カンプト併用療法
乳癌 EC療法
アブラキサン単独療法
タキソテール単独療法
ハーセプチン+タキソテール併用療法
ハーセプチン+パクリタキセル併用療法
ハーセプチン+パージェタ+パクリタキセル併用療法
ハーセプチン+パージェタ+タキソテール併用療法
ハーセプチン+パージェタ併用維持療法
ハーセプチン単独療法(weekly)
ハーセプチン単独療法(tri-weekly)
カドサイラ単独療法
パクリタキセル+アバスチン併用療法
パクリタキセル単独療法
泌尿器癌 腎細胞癌 オプジーボ単独療法
精巣腫瘍 BEP療法
前立腺癌 タキソテール+プレドニゾロン併用療法
前立腺癌 ジェブタナ単独療法
尿路上皮癌 ゲムシタビン+シスプラチン併用療法
尿路上皮癌 ゲムシタビン+カルボプラチン併用療法
尿路上皮癌 パクリタキセル+シスプラチン+ゲムシタビン併用療法
尿路上皮癌 キイトルーダ単独療法
悪性リンパ腫 ATLL modified LSG15(VCAP-AMP-VECP)療法
ホジキンリンパ腫 アドセトリス+AVD療法
ホジキンリンパ腫 ABVD療法
(R-)GCD療法
(R-)GDP療法
DA-EPOCH療法
G-CHOP療法
GD療法
R-CHOP療法
R-THP-COP療法
ガザイバ単独療法
リツキサン単独療法
トレアキシン単独療法
ポテリジオ単独療法
リツキサン+トレアキシン併用療法
イストダックス単独療法
HD-MTX療法
多発性骨髄腫 BD療法
CRd療法
DBd療法
DLd療法
EPd療法
RVD lite療法(Induction)
RVD lite療法(Consolidation)
VPD療法
血液腫瘍 急性骨髄性白血病 CAG療法
急性骨髄性白血病 ダウノマイシン+キロサイド併用療法
骨髄異形成症候群 ビダーザ単独療法
その他 神経内分泌癌 シスプラチン+カンプト併用療法
MSI-High固形癌 キイトルーダ単独療法
肝臓癌 テセントリク+アバスチン併用療法
悪性黒色腫 キイトルーダ単独療法
悪性神経膠腫 アバスチン単独療法(再発)
悪性神経膠腫 アバスチン単独維持療法
悪性神経膠腫 テモダール+アバスチン併用療法(RT併用期)
悪性神経膠腫 テモダール+アバスチン併用療法(維持療法期)