研修医の採用情報

研修医情報

出身大学マップ

全国各地から研修医が集まる近森病院

◯なぜ高知県の病院に全国各地から研修医が集まるんだ!!?

ポイント1  県内全8研修病院が互いに協力?
高知県は研修病院同士が協力型関係を結んでおり、お互いの病院を研修医が行き来しています。
それぞれの病院の良い所を吸収できる♪
「他の病院の研修医は敵ではない。県全体の研修医が同期なのである。」

ポイント2 最先端のチーム医療における最高の研修環境!!
近森病院は病棟常駐型のチーム医療を提供しています。
病棟のスタッフステーションには、看護師の他、薬剤師・リハスタッフ・管理栄養士・MSW・医事課など様々な職種が病棟に常駐しています。
ゆえに多職種連携が発達!!「医師には医師にしかできない業務を」合言葉に協力し合っています。

近森病院歴代初期研修医出身大学所在地マップ.jpg

H23年度・・・高知大学、群馬大学
H24年度・・・高知大学、大阪医科大学
H25年度・・・高知大学、徳島大学、岡山大学、名古屋大学、東海大学、帝京大学
H26年度・・・高知大学、徳島大学、宮崎大学、昭和大学
H27年度・・・高知大学、徳島大学、鳥取大学、熊本大学
H28年度・・・高知大学、徳島大学、島根大学、久留米大学、横浜市立大学、東邦大学
H29年度・・・高知大学、九州大学、関西医科大学
H30年度・・・高知大学、岡山大学、横浜市立大学、慶応義塾大学、東京医科大学

当院の研修医

2年目

岡本 莉奈(おかもと りな)

高知大学卒

奥根 亨也(おくね ゆきや)

高知大学卒

河瀬 弘代(かわせ ひろよ)

高知大学卒

河本 マリナ(こうもと まりな)

高知大学卒

瀨川 朗(せがわ ほがら)

横浜市立大学卒

竹森 悠伊(たけもり ゆい)

高知大学卒

中谷 真大(なかたに まさひろ)

岡山大学卒

中山 雄二(なかやま ゆうじ)

慶應義塾大学卒

船曳 隼大(ふなびき としひろ)

東京医科大学卒

1年目

岸本 浩一郎(きしもと こういちろう)

北里大学卒

三枝 寛理(さえぐさ ひろよし)

横浜市立大学卒

坂本 礼聡(さかもと ひろあき)

九州大学卒

柴田 純季(しばた じゅんき)

高知大学卒

杉村 和律(すぎむら かずのり)

高知大学卒

中山 拓紀(なかやま ひろき)

高知大学卒

鳴神 江莉(なるかみ えり)

高知大学卒

前田 理沙(まえだ りさ)

高知大学卒

梁瀬 瑛蘭(やなせ よんらん)

東京女子医科大学卒

堤田 慎(つつみだ しん)

高知大学卒

※高知大学・近森病院複合研修プログラム

近森研修医のこれまで

フルマッチ常連病院!!!

なぜ研修医が10人枠に1人しかいなかった病院が当たり前のようにフルマッチができる病院になったのか!?
それには理由がある・・・。

レジデントミーティング.jpg

高知県全体の研修医が結束して!!

2009年、高知県では県内の初期研修医数が底を打ち、危機的状況であった。 その時、高知県内の研修医達が立ち上がった!! 「高知でこんな良い研修ができるのに、学生に知ってもらう機会がなぜ無いんだ!」

「病院同士で悪口を言い合うのはやめて、オール高知で頑張るべきだ!!」 「県内の病院で連携し合うことで、県外の有名病院よりも魅力的な研修ができるはずだ!」 こういった強い思いが高知県内各病院の関係者の心を動かし、高知県は1つとなった。
⇒ 「コーチレジ」始動

「研修は自分で創る、未来も自分で創る」

近森の研修医の進路!!

初期研修修了後に近森会グループに残った医師はどのくらい!?

平成17年度研修医~平成27年度研修医の中で、近森病院の初期研修を修了した研修医72名のうち32名44.4%)が近森会グループの病院で後期研修へ!

新専門医制度開始後は・・・・
【基幹型の診療科 : 内科、整形外科、救急科】
平成28年度研修医・・・内科 1 名、整形外科 2 名、救急科1名 ※10名のうち4名(40%)

後期研修も継続したいと思える病院!!


第1期初期研修医の今

初期臨床研修管理委員長/救急科科長
三木 俊史
脳神経外科科長
西本 陽央

各専門領域で活躍中!!!