近森リハビリテーション病院

MENU

訪問リハビリテーションちかもり(在宅支援部門)

障害が残った状態で生活されている方のご自宅に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が訪問し、日常生活や家事、趣味の役割、さらには社会的活動等で起こる様々な問題を専門的に評価し、改善策を立て、地域の各種サービスと連携をしながら安定した在宅生活を送れるように支援します。

病院から在宅への架け橋役

障害を残したままご自宅へ退院されると、環境の変化により、ご自身のみでなくご家族にも負担が生じる場合が少なくありません。このような事にならないように退院前から病院としっかり連携を図り、できるだけスムーズな在宅生活への移行に努めています。