医療事故防止の取り組み

医療安全の基本姿勢

私たち近森病院は、医療事故を発生させないという強い信念のもと、「患者さんに信頼される医療サービスの提供と医療の質の向上を求めていく」ことを医療安全の基本姿勢としています。 また、こうした基本姿勢に基づく医療安全活動の必要性・重要性を院内全部署および全職員に周知徹底し、院内共通の最重要課題として積極的な取り組みを行っています。

医療安全管理に関する組織体制

医療安全に関する患者さんへのお願い

皆さんが安心して医療を受けられるよう以下の点について、ご理解ご協力をお願いいたします。

診療に関すること

  • 良質で適切な医療を提供するために、患者さんご自身の健康に関する情報(既往歴やアレルギーなど)はできるだけ正確に教えてください。
  • 納得して医療を受けていただくために、病気に関する説明が十分理解できるまで質問してください。

患者さんまちがいを防ぐために

  • 診療や点滴・注射・内服薬の投与時、採血、検査、処置などを行う際に、本人確認のために患者さんから氏名をおっしゃっていただきます。
  • 入院や救急搬送されてきた際、リストバンドを装着させていただきます。口頭による本人確認をした上でリストバンドでも氏名を確認いたします。

転倒・転落予防のために

  • 転倒やベッドからの転落は、病気やケガなど「体の具合による要因(身体的要因)」や、ご自宅とは異なる「環境の変化による要因(環境要因)」が危険因子として挙げられます。
    これらのリスクを低減するため、ご入院の際はスリッパの使用をご遠慮いただき、履きなれた靴の持参をお願いしています。また、ご自宅で使用されている杖やシルバーカー(手押し車)の持参も可能です。
    このほか歩行や立ち上がりに不安のある方は、遠慮なくお申し出ください。