理念・運営方針、病院長あいさつ

理念

近森病院は、急性期医療を中心とした、地域に真に求められる医療の提供を目指し、チーム医療を行い、地域医療連携に力を入れてまいります。

運営方針

  • わたしたちは、急性期医療を柱として24時間365日いつでも、よりよい医療が提供できるよう、努めます。
  • わたしたちは、地域医療支援病院として、つねに地域に求められる役割を果たせるよう、努めます。
  • わたしたちは、患者さんと接するすべてのスタッフがそれぞれの専門性を発揮し、チーム医療を行えるよう、努めます。

「安心できる医療」を目指しています。

  1. 近森病院の外来は、大きく 救急・紹介外来・専門外来 に分かれています。
  2. 救急部門は救命救急センター(ER)を窓口として、救急の患者さんをよりスムーズに受け入れることができるように体制を整えています。
  3. 近森病院は開放型病院として、地域医療連携センターを窓口に、地域のかかりつけの先生方から必要な検査や手術、また入院の必要な患者さんを受け入れ、入院中には地域の先生方と共同で診療に当たっています。病状安定後は再びかかりつけの先生にお願いし、また逆紹介も積極的に行っています。
  4. 「チーム医療」体制を充実させ、外来・病棟ともに、医師、看護師をはじめとして各職種がそれぞれの専門性を活かし密に協力しあって、治療を進めています。中でもハートセンターでは、循環器内科や心臓血管外科、麻酔科、透析科など各科がその垣根を越えて治療に当たっています。
  5. 良質でしかも効率的な医療の提供に努め、快復後には一日も早い自宅復帰を見据えてディスチャージナース(退院調整看護師)や医療ソーシャルワーカー(MSW)が精力的に活動しています。
  6. 自宅復帰を具体的にバックアップするために、近森リハビリテーション病院・近森オルソリハビリテーション病院の各セクションとともに自宅復帰をサポートしています。

病院長あいさつ

病院長.jpg

近森病院
病院長 近森 正幸

はじめに

高知は、高齢県であり人口減少県でもあり、病院、病床数も全国平均の倍と多く、課題先進県であると共に全国の地域医療の10年、20年先の変化を現在見ることができる高齢者医療の先進県でもあります。

大きく変わる高知の地域医療

2016年4月の診療報酬改定で、看護師の数さえ揃えれば診療報酬が得られるという「ストラクチャー評価」から、成果を出すことで評価される「アウトカム評価」に変わり、日本の医療は大きく変わろうとしています。
2018年4月にはアウトカム評価が一段と強化され、急性期では7:1看護の重症度・医療、看護必要度が30%となり、重症の患者さんを数多く診て、早く良くして地域に帰っていただくという競争が始まっており、一般急性期病床では在院日数の減少から稼働率の低下、一般病床の減少や地域包括ケアへの転換が始まっており、何が起きても不思議でない激変の時代が急性期医療の現場でも始まったように思います。

この10年間のハード改革

私共はこのような変化を予見し、10年以上前から着々と自己変革を続けてきました。ハード面では2011年4月の近森病院管理棟の新築移転から5カ年計画で全面的な増改築工事を行い、これから20年、30年耐えうるハードを作り上げました。
近森病院ではヘリポートを有する本館A棟と北館病棟、外来センターの新築や、BC棟の改築により建築面積は1.5倍になり、救急部門や手術室、重症病棟の大幅なスペースの拡充が得られました。急性期病床は338床から452床に増床し、さらには総合心療センターの精神科104床を60床の急性期病棟に機能を絞り込み本院に統合しました。これからの救命救急医療に充分対応出来る512床の高度急性期病院に変貌しました。

選択と集中、そして連携

地域医療連携は逆紹介をすすめることで20年以上前から取り組みをはじめ、2003年には地域医療支援病院として高知ではじめて認可され、最近は当院医師の病院訪問や診療活動、連携病院の担当医師や看護師が定期的に来院する取り組みも始まっており、より個別、具体的なアライアンス連携を推進しています。
重症病棟で手間のかかる重症の患者さんを診て、落ち着けば一般病棟へ移す病棟連携も、ベッドコントロール師長の活躍でスムーズに転棟が行われています。
何よりも当院の最大の特徴は全国でもトップクラスのチーム医療で、専門性の高い多職種が病棟に常駐し、医師、看護師の周辺業務を行うことで医師、看護師の業務をコア業務に絞り込み、医療の質と労働生産性の向上に大きく貢献するとともに、医師の働き方改革においても画期的な効果を上げています。病棟常駐型チーム医療で医師、看護師だけでなく、薬剤師やリハスタッフ、管理栄養士、臨床工学技士、MSWなどの多職種もそれぞれの視点で患者さんを診て判断し、介入することで専門性の高いスタッフに成長しています。
その為、それぞれの専門分野では、医療専門職一人一人が主役となり、患者さんに頼られ、みんなが生き生きとやりがいをもって働いています。

おわりに

この数年で病院を取り巻く環境は大きく変わり、厳しい時代を迎えています。今までの医療界の発想にとらわれず自己変革し続ける病院が、必ず生き残れる病院であると信じています。未だ世界が経験したことのない超高齢社会の急性期医療のあるべき姿に取り組み、皆さんと共に歩んでいきたいと願っています。