理念・運営方針など

社会医療法人近森会 近森病院の理念

近森病院は、急性期医療を中心とした、地域に真に求められる医療の提供を目指し、チーム医療を行ない、地域医療連携に力を入れてまいります。
社会医療法人近森会 近森病院の運営方針
  1. わたしたちは、急性期医療を柱として24時間365日いつでも、よりよい医療が提供できるよう、努めます。
  2. わたしたちは、地域医療支援病院として、つねに地域に求められる役割を果たせるよう、努めます。
  3. わたしたちは、患者さんと接するすべてのスタッフがそれぞれの専門性を発揮し、チーム医療を行なえるよう、努めます。
社会医療法人近森会 近森病院は「安心できる医療」を目指しています。
  1. 近森病院の外来は、大きく 救急・紹介外来・専門外来 に分かれています。
  2. 救急部門は救命救急センター(ER)を窓口として、救急の患者さんをよりスムーズに受け入れることができるように体制を整えています。
  3. 近森病院は開放型病院として、地域医療連携室を窓口に、地域のかかりつけの先生方から必要な検査や手術、また入院の必要な患者さんを受け入れ、入院中には地域の先生方と共同で診療に当たっています。病状安定後は再びかかりつけの先生にお願いし、また逆紹介も積極的に行っています。
  4. 「チーム医療」体制を充実させ、外来・病棟ともに、医師、看護師をはじめとして各職種がそれぞれの専門性を活かし密に協力しあって、治療を進めています。中でもハートセンターでは、循環器科や心臓血管外科、麻酔科、透析科など各科がその垣根を越えて治療に当たっています。
  5. 良質でしかも効率的な医療の提供に努め、快復後には一日も早い自宅復帰を見据えてディスチャージナース(退院調整看護師)や医療ソーシャルワーカー(MSW)が精力的に活動しています。
  6. 自宅復帰を具体的にバックアップするために、近森リハビリテーション病院・近森オルソリハビリテーション病院の各セクションともに自宅復帰をサポートしています。
■管理者名

近森 正康