1.研修理念

看護師特定行為研修

近森病院は2016年8月5日に、看護師特定行為研修の研修機関(指定研修機関番号:1639001)に指定されました。

2016年10月1日より研修を開始します。

近森病院 看護師特定行為研修理念

少子高齢化の進展による医療・介護ニーズの増大と医療の高度化・複雑化という社会の急激な変化は私たちがこれまで経験したことの無い環境の変化を予測させ、特に高知県は高齢化率が高く療養病床が最も多い現状から変化への早急な対応策が求められております。

このような背景の中で社会医療法人近森会近森病院は、地域医療支援病院として急性期医療を中心とした、地域に真に求められる医療の提供を目指し、チーム医療を行い地域医療連携に力をいれることを理念として運営してまいりました。特にチーム医療においては多くの専門職が病棟常駐型の多数精鋭のチーム医療を展開していることが特徴です。

当院の理念を踏まえ、急性期臨床や訪問看護ステーションなどで勤務する看護師の質的な向上を目指すために、当院のみならず地域医療に貢献する地域包括ケアシステムの中で勤務する看護師の人材育成に寄与したいと考え特定行為研修機関として取組みたいと考えています。

1.研修理念

医療・介護提供体制の改革が進められている今、医療ニーズをもつ多くの人々を支えるために多職種の協働が欠かせない時代となりました。近森病院は患者に最も近い場にある看護師がチーム医療のキーパーソンとして、患者・国民のニーズに応えることは無論、医師・歯科医師・その他医療関係者から期待される役割を十分に担えるよう看護師の特定行為研修を目指します。特定行為研修は看護師が手順書により、医療安全に配慮し、在宅を含む医療現場において、実践的な理解力、思考力及び判断力かつ高度な専門的知識と技術が発揮できるように研修を行うものです。経験を積んだ看護師がたゆみなく自己研鑽し研修を通してさらなる自己成長を図り高齢社会にしっかり貢献し、チーム医療の要として活躍できることを目指します。特定行為研修を通して看護観を深め、品性を保ち全人的看護をめざすことは看護師として当然の責務であることをわすれません。

2.研修目標

  1. 地域医療および高度医療の現場において、迅速かつ包括的なアセスメントをおこない、特定行為を行う上での知識、技術、態度の基礎的能力を養います。
  2. 患者の安心に配慮しつつ、特定行為を安全に実行できる基礎的能力を養います。
  3. 医師を含む他職種との連携において、協力的態度で各専門職が効果的に医療にあたれるような基礎的能力を養います。
  4. 患者のニーズに応え、自らの実践を振り返り、さらに看護実践を標準化する能力を養います。