形成外科

■形成外科について

【特色】

整形外科が、骨、関節、運動器を主とするのに対して、形成外科は、皮膚、軟部組織を中心に頭の先から足の先まで扱います。特に頭蓋・顎・顔面領域では頭蓋顔面骨、体幹では胸骨肋骨の変形など全身が守備範囲です。「より良い形態的に、より良い機能が備わる。」を基本概念に、組織移植などで、その目的を達しています。美容外科との違いは、保険診療可能な領域が形成外科です。対象疾患など形成外科について詳しくは、形成外科学会ホームページをご覧下さい。

当科では、オールマイティに形成外科診療を行なっています。急性期の外傷が多く顔面骨骨折を含めた顔面外傷や四肢の外傷、熱傷、瘢痕拘縮、ケロイドなど多くの手術や保存的治療を行なっています。顔面や指趾の疾患や変形(耳の一部に小さな穴→耳前瘻孔。耳と口の線上にある皮膚の高まり→福耳。めがねの掛け難い耳→埋没耳。小耳症。受け口や噛み合わせの異常→下顎前突症・目が開きにくい、又は閉じにくい→眼瞼下垂、顔面神経麻痺)などにも広く対応可能です。また、皮膚にできる良性や悪性のできものに対するスキンサージェリーや、慢性創傷である褥創や難治性皮膚潰瘍に対しても、最新の陰圧閉鎖療法の適用や様々な被覆材、線維芽細胞増殖因子の使用を通して傷の治り方の質を高めております。

当院の形成外科診療は外来センター4階5診、6診、7診で行っています。保険診療が中心ですが、有効な治療法は自費診療分野も取り入れています。アレックスレーザーによる色素性疾患(太田母斑、しみ、そばかす、色素斑など)の治療。RF(ラジオ波)、CO2レーザーによる皮膚病変の治療。医家向け化粧品(ハイドロキノン美白クリーム・腋臭症、ブーツ臭の消臭クリームなど)の処方。ディフェリンゲルによるにきび治療。ケナコルト(ステロイド懸濁液)局所注射によるケロイドの治療。種々の陥入爪治療(手術、ラジオ波焼灼、フェノール法、超弾性ワイヤー法、VHO/3TO式陥入爪の矯正治療など)。保険適応の有無は遠慮なくお尋ね下さい。

手術では、ペクタスバーによる胸腔鏡下漏斗胸矯正手術や生体吸収性プレート(ラクトソーブ)による顔面骨骨折の手術が特色となっています。昨年度の診療実績は資料のページでご確認下さい。



質の高い傷の治り方を目指す創傷専門外科です。色々な悩み・疑問点は、お気軽に形成外科に相談下さい。

形成外科学会ホームページ
■スタッフの紹介
形成外科部長
赤松 順 (京都府 出身)
Jun Akamatsu M.D.
日本形成外科学会 専門医
日本褥瘡学会 認定師
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
日本創傷外科学会 専門医
医学博士
大阪医科大学 臨床教育教授
高知大学 臨床教授
日本褥瘡学会 評議員
日本創傷外科学会 評議員
中国・四国形成外科学会 副代表世話人
【専門分野】頭蓋、顎、顔面領域の形成外科、四肢の形成再建外科、創傷治療及び皮膚外科。
又、日本形成外科学会、日本頭蓋顎外科学会、日本頭蓋底外科学会、口蓋裂学会、日本熱傷学会、日本褥瘡学会に所属しています。
【PR】大学卒業後、顔面骨骨折の治療等の著書で知られる故田嶋貞夫教授に師事し、頭蓋顎顔面形成外科や皮弁再建外科を学ぶ。近森病院赴任前は、倉敷中央病院形成外科医長として先天異常、スキンサージェリー等も多くの症例を経験。

形成外科科長
杉田 直哉 (奈良県 出身)
Naoya Sugita M.D.
日本形成外科学会 専門医
日本創傷外科学会 専門医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
【専門分野】外傷(顔面骨折、熱傷etc)、慢性創傷(難治性潰瘍、褥瘡etc)、レーザー

後期研修医
木村 祐介 (和歌山県 出身)
Yusuke Kimura M.D.
 
【PR】今まで沖縄の病院で研修をしていました。院内で妙なイントネーション、
言葉遣いが聞こえたら私です。どうぞお見知り置きください。

■外来診療医【形成外科】
予約専


 
午前

赤松

 

 

赤松

赤松

杉田     杉田 杉田
(木村)     (木村) (木村)
午後

 

 

 

 

 

※医師の学会出張や業務の都合による急な休診・代診が発生する場合がございます。受診の際は、(代表Tel:088-822-5231)でご確認の上、ご来院くださいますようお願い申し上げます。
 

■各種資料へ

>>年報資料へはこちら