O-リングテストクリニック

O-リングテストクリニックの
モデル診療施設として
研修・普及活動に力を注いでいます

診療方針と特徴

当科は、全診療科にわたる疾病に対し、Bi-Digital O-Ring Test(オーリングテスト)を活用して診療を行っています。
O-リングテストは、大村恵昭博士により考案された診断法です。生体を使った医学的診断法としては世界で初めてアメリカの特許を取得しています(1993年)。
生体は圧刺激や物質の電磁場などの微少な刺激を感受して、脳が筋肉の緊張に影響を及ぼしています。その反応を2本の指で作った輪(O-リング)の筋力を調べることにより、臓器の異常や薬の適合性などを診断します。また、O-リングテストの薬物適合性診断を用い、患者さんの病態に最も適合した薬剤(漢方薬・健康食品・西洋薬など)を処方しています。

【O-リングテスト】とは? リンク:http://oring.o.oo7.jp

医師紹介

部長 山本 重明 Shigeaki Yamamoto

Field [得意分野]

西洋医学では原因や治療法が分からない難病や、不定愁訴などにO-リングテストを積極的に活用した診療を行っています。

Message[患者さんへのメッセージ]

O-リングテストを用いて、西洋医学と東洋医学の長所を結合した、より精密で有効かつ安全な全人的医療ができるようになりました。

Qualifications[資格等]
    その他資格等
  • 高知大学医学部臨床教授
  • 日本医師会 日医生涯教育認定証

研究・普及活動

当院に「O-リングテストクリニック」が開設されたのは1992年7月。この名称を掲げたのは世界で初めてのことで、O-リングテストのモデル診療施設として研究・普及活動に力を注いでいます。

診療について

保険外併用療養費制度による予約診療を導入しており、治療費とは別に2,200円(税込)を徴収しています。
外来繁忙のため、新規患者については原則としてお断りしていますのでご了承ください。医師・医療機関からのご依頼については、あらかじめご相談下さいますようお願い申し上げます。

診療実績