院内施設

■一般病棟
一般病棟高知市内の中心部という大変アクセスの良い場所にあり、本院南側には、江ノ口川があります。昔はこの川で川遊びをした方もおられたようです。今は街中を流れる川のために両岸をコンクリートの壁が覆っていますが、夕方には夕日が川面に反射して大変美しく、人々の心を優しくしています。
また、入院中の方も目の前に南は筆山、右手には高知城と、しばらく眺めていてもあきない風景です。
■集中治療室

集中治療室本館4Fの救命救急病棟・ICUには年間手術 約2700件の高度専門医療をサポートするために、熟練した医師と看護師が配備されています。
患者さまには、適切な処置と良好な回復をサポートしていくよう心掛けています。

平成24年4月より北館病棟の建設が完了し、同棟2階にHCUと高知では初めてとなるSCUが開設されました。

ER 救急センター近森病院は24時間「いつでも、誰でも、救急で困った時には可能な限り受け入れをする」をモットーに日々がんばっています。
救急センターは1次から3次までの幅広い救急処置を施し月に約450台の救急車が搬入されています。
また年に10数件ですが、交通手段の悪い地域や緊急時にヘリコプターによる救急受入体制もあります。
■理学療法室・作業療法室・言語療法室
平成24年4月より、北館病棟7階に移設されました。
集中治療室
■各種検査室
各種検査・リハビリ画像診断部や検査部等の各種検査施設の充実や、様々な病気への対処、研究を日々行っております。
また、患者さんには出来るかぎり元の生活へ戻れるように各種リハビリへと連携しております。
集中治療室 病気やケガに直面すると、治療費や生活費などの経済面、家庭や仕事などの生活面、あるいは社会復帰のことなど、絶えず不安がつきまとうのではないでしょうか。
 そんなとき、各種の福祉制度や介護保険の利用法など、医療相談室が幅広くご相談に応じます。
近森病院は地域医療支援病院として、地域医療連携室を窓口に、地域のかかりつけの先生方から必要な検査や手術、また入院の必要な患者さんを受け入れ、入院中には地域の先生方と共同で診療に当たっています。病状安定後は再びかかりつけの先生にお願いし、また逆紹介も積極的に行っています。