Oリングテストクリニック

■O−リングテストクリニックについて

【特色】

  山本重明医師は1983 年に近森病院内科科長として赴任しました。 1985 年に Bi-Digital O-Ring Test ( オーリングテスト)の創始者の大村恵昭教授による日本での初めての講演会に参加、以後診療にO−リングテストを応用しています。 1989 年近森リハビリテーション病院開設時に、同院内に東洋医学科を新設しました。 1992 年近森病院新館竣工の折に、O−リング科と改め、新館 2 階にO−リングテストクリニックを開設しました。O−リングテストクリニックの名称を掲げたのは世界で初めてのことで、O−リングテストのモデル診療施設として、研究・普及活動に力をそそいでいます。 2003 年 10 月には、近森病院第二分院改築に伴い同院二階西側に外来を移転しました。



O−リングテストとは・・・?

  圧刺激や物質の電磁場などによる微小な生体への刺激によって、脳が筋肉の緊張に変化を及ぼす反応を、 2 本の指で作った輪(O−リング)の筋力を調べることにより、臓器の異常や、薬の適合性を診断する方法です。



スタッフ

  医師 1 名、助手 1 名、看護師 1 名。



診療について

  特定療養費制度による予約診察を導入しており、治療費とは別に予約診察に関わる費用として 2,000 円(+税)徴収しています。外来繁忙のため、新規患者については 1990 年以来原則としてお断りしていますが、医師・医療機関からの依頼については、あらかじめご相談させていただきたいと思います。
■スタッフの紹介
O-リングテストクリニック部長
山本 重明 (高知県 出身)
Shigeaki Yamamoto M.D.
【O-リングホームページ】

■外来診療医【Oリングテストクリニック】







 
午前

山本(重)

山本(重)

山本(重)

山本(重)

山本(重)

午後

山本(重)

山本(重)

山本(重)

 

山本(重)

※予約診療となっております。紹介の場合はお電話でご連絡ください。

※医師の学会出張や業務の都合による急な休診・代診が発生する場合がございます。受診の際は、(代表Tel:088-822-5231)でご確認の上、ご来院くださいますようお願い申し上げます。