運営方針

近森リハビリテーション病院の理念
近森リハビリテーション病院は、患者さんがどのような障害があっても、住み慣れたところでその人らしく安心して生活できるように適切なリハビリテーション医療サービスを提供することで地域に貢献いたします。
近森リハビリテーション病院の運営方針
  1. 患者・家族の自己決定を尊重し、自立に向けたリハビリテーションを行います。
  2. 亜急性期医療体制を構築し、疾患の再発予防、健康回復に努めます。
  3. それぞれの専門職が協働し、地域での生活を目指したリハビリテーションサービスを継続的に提供します。
  4. 急性期病院および地域ケアスタッフとの密接な連携をはかり、一貫したネットワークを構築します。
患者さんの権利の尊重

 患者さんには人間としての尊厳をもって医療を受ける権利があります。その権利を大事に、自分の意思で主体的に医療に関わっていただきたいと私たちは願っています。
 同時に、お互いの信頼関係に基づいて「患者さん中心の医療」を実践していきたいと思っております。

  1. 最善の医療
    患者さんには、誰でも、最善の医療を公平に受ける権利があります。
  2. 人格の尊厳
    患者さんには、その人格・価値観が尊重され、一人の人間として医療を受ける権利があります。
  3. 納得と合意
    患者さんには、病気・検査・治療・見通しなどについて、分かりやすい言葉や方法で納得出来るまで、十分な説明を受ける権利があります。
  4. 自己決定権
    十分な説明を受けた上で、患者さんは治療方法などを自らの意思で選択し、決定する権利があります。他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。
  5. カルテの開示
    患者さんには、自分のカルテの閲覧や複写、内容の要約や説明を受けるなど、診療記録の開示を求める権利があります。
  6. プライバシーの保護
    患者さんには、受信に関わる個人情報が守られ、プライバシーを乱されない権利があります。
  7. 研究的医療
    患者さんには、薬の治験(新薬の臨床試験)や治療法が確立されていない医療について、その目的や危険性など十分な説明を受けた上で、その医療を受けるかどうかを決める権利があります。同時に、どのような不利益をも受けることなく、いつでもその医療を拒否する権利を持っています。
  • 当院では、倫理上の諸問題を検討する目的で倫理委員会を設置しています。