デイケア「メンタル」

■デイケア「メンタル」
  • 外来治療の一つとして行われるリハビリテーション医療です。
  • 地域社会で生活するために必要な力の回復を目的とします。
  • 病気の再発防止・生活の立て直し・就労に向けての準備などを行います。
デイケア「メンタル」ってどんな場所?

リハビリはどう進んでいくの? ~ステップアップ方式~

診察・服薬 リハビリをスムーズにすすめていくには、主治医との定期的診察と服薬が基本です。
なじむ時期 自宅から通って来ることから始め少しずつ集団に慣れていき、安心してデイケ空間にいられるようなかかわりを提供します。
自信に繋がる時期 役割をもつ体験を積むことで、他者から認められ、他者の役に立っているという実感が得られます。なくしていた自信の回復を取り戻すかかわりを提供します。
課題探しの時期 対人交流場面を増やし、その中でいくつかの課題を見つけトレーニングします。同時に病気との付き合い方をスタッフと一緒に考える時間を持ちます。
目標探しの時期 自分の夢や希望が見えはじめます。これからの人生を考え・現実可能な目標を一緒にさがし、自己決定を支えるかかわりを行ないます。
就労準備期 就労を実際に体験する喫茶作業、また仲間と就労の意味を率直に語り合う就労を考えるグループなどを通して、夢である就労を、現実に考えるようなプログラムを用意しています。
社会への橋渡しの時期 利用者をデイケアのみで抱えるのではなく、障害者職業センターやハローワーク、地域生活支援センター、作業所と呼ばれる施設など、あらゆるサービス機関と積極的につながりを持つことを意識しています。
プログラム内容
・運動系レクレーションプログラム ソフトバレーボール・ソフトボール・卓球・リフレッシュ体操など
・文化系レクレーションプログラム 文芸・フラワーアレンジメント・手芸・硬筆・書道など
・作業系プログラム 院内喫茶・パソコン教室
・教育的プログラム SST・就労考えるグループ・心理教育グループ(当事者・家族)
・生活援助プログラム 食育グループ
・疾患別プログラム 引きこもりのグループ・発達障害のグループ

※この他に一泊研修旅行、スポーツ大会(卓球・ソフトボール・ソフトバレーボール)などの行事もたくさん取り入れています。

デイケアで大切にしていること
  • デイケアがゴールではなく、デイケア外での生活目標を見つけ卒業を意識してかかわります。
  • 個別担当制をとり、一人の方の導入から卒業までを一環しておこないます。
  • 利用者が主体的にデイケアの活動に取り組むことで、利用者の自己決定を支え、自己実現を図ることを大切にしています。
  • 他の社会資源に繋ぐことで利用者の可能性を広げ、夢や望を叶える努力を惜しみません。
費用

各種健康保険、生活保護が適応されます。また、障害者自立支援医療(精神通院)制度によって自己負担も軽減されますので、スタッフにご相談ください。

利用するには

まず、主治医にご相談ください。その後に専属スタッフよりデイケアについて細かいオリエンテーションがあり、利用される方ひとりひとりに合ったプランを一緒に考えていきます。

私たちスタッフが待っています

 

医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士・アシスタントがスタッフとしてチームを組んでいます。

デイケアの1日
時間 活動
8:30~9:30 モーニングケア・(体調チェック)
9:30~11:30 ミーティング・午前のプログラム
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~15:00 ミーティング・午後のプログラム
15:00~15:10 終了のミーティング