心臓リハビリテーションの紹介

心臓リハビリテーションの紹介 手術説明ビデオでの紹介
当院で実施されている「心臓リハビリテーション」の紹介

 心疾患に対する医学的治療の最終目的は、質の高い生活を獲得させ、そして良い状態を長く維持することです。「心臓リハビリテーション」とは、こうした目的を達成させるために行なわれる一連の流れであり、いわゆる理学療法士による運動療法のみを指すものではなく、生活指導、栄養指導、服薬指導などの患者教育や心理的カウンセリングなど、多岐にわたる患者支援を含んでいます。当院では平成 12 年 6 月より急性心筋梗塞患者の理学療法を、 平成 12 年 7 月より冠動脈バイパス術や弁置換術( 開心術)患者の理学療法を開始しました。しかし、こうした虚血性心疾患(狭心症や急性心筋梗塞)は生活習慣病を背景として発症することがほとんどであり、再発予防には生活習慣の改善がとても重要です。特に入院中では、治療が成功し病状が安定して安心しがちですが、患者様にとってみれば退院を機としてある意味本当のスタートとなる部分も多いと思います。当院では、退院後の生活をも視野に入れた理想的な患者様への関わりを目指しています。

近森病院 理学療法科  前田 秀博

日本心臓リハビリテーション学会 評議員

リハビリテーション医療の定義(健康保険における診療報酬上)

リハビリテーション医療は基本動作能力の回復を目的とした理学療法や、応用的動作能力の回復を目的とした作業療法、コミュニケーション能力や摂食嚥下能力の回復を目的として言語聴覚療法より構成されます。