臨床栄養部について

■臨床栄養部について
 栄養指導室は外来センター5階、厨房と栄養士室は本館と北館6階にあります。本館・北館あわせて17病棟に食事を提供しています。
< 食 事 >
 食事は、一般療養食、特別治療食に分かれており、術前・術後や、食思不振、臙下障害等を持つ患者さんの割合が多いのが特徴です。
 患者さんに、2種類の献立から、お好みの食事を選んでいただく選択食は、一部の食事について毎日実施しています。また、毎月1回の行事食を実施し、食事を楽しんでいただけるよう努めています。
<いのちのスープ提供>

いのちのスープ

椎茸のスープ
< スタッフ >

 近森病院、総合心療センター、近森リハビリテーション病院、近森オルソリハビリテーション病院の全4施設を合わせて、28名の管理栄養士が勤務しています。その内22名が近森病院に配属されています。 

臨床栄養部スタッフ紹介ページへ

 

 

■NSTについて
タイトル  
NST

 Nutrition Support Team の頭文字をとった略称で、日本語に訳すと「栄養サポートチーム」となります。
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、言語聴覚士など、多くの専門スタッフが関わり、 「栄養不良になっていないか?」「栄養はどのぐらい必要か?」「栄養をどのようにして摂っていただくか?」等について各スタッフの知恵を出し合いながら、考えて行く「チーム医療」のことです。

栄養が足りていなければ、どんな治療も充分な効果を発揮することが出来ません。逆に、栄養を充分に摂ることは回復の近道となります。患者さんに最良の栄養管理を受けていただき、一日も早い回復を支援するのがNST(栄養サポートチーム)です。

近森病院では、2003年(H15)7月よりNSTを組織し、チームアプローチによって栄養管理を行っています。

タイトル

栄養評価表 入院患者すべてに対し、看護師による栄養評価表を用いた栄養スクリーニングを施行しております。

  スクリーニング項目に一つでも該当すれば、臨床栄養部へ報告され、管理栄養士による栄養アセスメントが施行されます。

タイトル
栄養アセスメントシート裏栄養アセスメントシート表 管理栄養士によって、身体計測が行われ、検査データや栄養の摂取状況、臨床診査を基に、必要栄養量が算出されます。
タイトル
栄養カンファレンス 各病棟ごとに、週1回の栄養カンファレンスが行われ、栄養について検討が成されます。栄養カンファレンス