透析室について

■透析室について

透析室では急性期から維持期の血液透析を行い、透析導入だけでなく365日24時間オンコール体制で高知県の透析患者さんを受け入れ、治療後は紹介元の病院に帰しています。また人工呼吸器などを装着するような重症度の高い患者さんは、集中治療室(ICU、HCU、救命救急病棟)で出張透析を行っています。


アフェレーシスに関しては、主に血漿交換療法(単純、二重濾過、血漿吸着)、血液吸着法(PMX、DHP)、血球成分除去療法(LCAP、GCAP)、腹水濃縮再静注法(KM-CART)、LDL吸着などを行っています。症例数に関しては「臨床実績」をご参照ください。

■透析室インフォメーション
場   所 :  本館C棟 7 階  
ベッド数 :  40 床 
診 療 日 :  月曜~土曜( 2 クール)
診療時間 :  日勤 9:00スタート
準夜 15:30~18:00スタート
スタッフ数 : 

医師(2名)、看護師(11名)、臨床工学技士(13名)、アテンダント(6名)

 「 近森病院の透析室は何が違っているのか? 」
 「 設備機器一覧 」
 「 臨床実績 」
 「 看護師から一言 」
 「 臨床工学技士から一言 」