スープサービス

■目次
■スープサービスの紹介

近森会で働く同僚がターミナルステージとなり、食事が摂れなくなったが、辰巳芳子さんのスープはおいしく食してくれた。そのことがきっかけで、近森会に入院する全ての患者さんにも提供したいと思ったことから、スープサービスが始まった。2006年から現在まで継続しており、提供されるスープは全て辰巳芳子さんのレシピにもとづいている。

■辰巳さんプロフィール

辰巳芳子

料理研究家・随筆家

1924年東京生まれ
聖心女子学院卒業

料理研究家の草分け的存在だった、母・浜子さんのもとで日本の家庭料理を学ぶ一方、シェフ数人について洋風料理を長く学ぶ。父の介護を通してスープに開眼する。

雑誌やテレビなどで料理を発表するのみならず、日本の食文化を世界のそれと比較してとらえる視点や、食といのちのかかわりへの洞察をもって積極的に発言している。

NPO「良い食材を考える会」代表理事、「確かな味を造る会」を主宰し、自宅などで料理教室を開き、地域高齢者へのスープサービスを実施中。

■スープサービス開催までの道程
開催までの道程 〜 2006年 〜
3月初旬 辰巳芳子さんのスープをターミナルステージで入院中の同僚に提供、病室・ホテルで食し、近森病院の入院患者へスープ提供を計画
5月18日 辰巳芳子さんへ、手紙にて高知での講演と近森病院の入院患者へのスープサービスの協力をお願いする
5月30日 ホテルメトロポリタンエドモンドで開催された「良い食材を伝える会」に出席し直接お願いする (中村勝宏シェフの紹介を受ける)
6月8日 近森病院で「辰巳芳子さんプロジェクト」発足、キックオフミーティング開催
第1回スープサービスの開催と、辰巳芳子さんの講演会を企画
6月28日 鎌倉の辰巳邸にて、直接指導を受ける (資料1)
7月1日 近森会のホームページで講演会の一般公募開始
7月4日
7月20日
7月28日
8月9日
試作と院内での試食会開催
8月20日 地域医療講演会にて辰巳芳子さん講演
「いのちを支えるスープ:食を考える―病院で、家庭で―」 (資料2)
8月21日 第1回スープサービス実施 (資料3)

■現在までのスープサービス実績
※病棟提供日の約1週間前に職員向けの試食会を行っています。
回数 病棟
提供日
提供スープ 病棟
提供数
36 2016/1/18 ボンファム 585食
35 2015/10/19 さつまいものポタージュ 494食
34 2015/7/21 アスパラガスのポタージュ 502食
33 2015/5/7 うすいえんどうのペイザンヌ風スープ 553食
32 2015/1/20
2015/1/21
かぼちゃのポタージュ 533食
31 2014年6月24日
2014年6月25日
アスパラガスのポタージュ 501食
30 2014年4月8日
2014年4月9日
クレソンのポタージュ 502食
29 2014年1月20日
2014年1月21日
ポルトガル風人参のポタージュ 519食
28 2013年9月30日
2013年10月1日
なすと大麦のスープ 466食
27 2013年6月17日
2013年6月18日
アスパラガスのポタージュ 502食
26 2013年4月15日
2013年4月16日
クレソンのスープとオートミール 537食
25 2013年1月15日
2013年1月16日
小かぶのポタージュ 533食
24 2012年10月1日
2012年10月2日
なすと大麦のスープ 517食
23 2012年6月25日
2012年6月26日
ボンファム 522食
22 2012年3月26日 ポルトガル風人参のポタージュ 551食
21 2012年1月23日 小かぶのポタージュ 374食
20 2011年10月17日 なすと大麦のスープ 556食
19 2011年6月27日 アスパラガスのポタージュ 541食
18 2011年3月28日 ポルトガル風人参のポタージュ 554食
17 2011年1月17日 スペインのおじや風スープ 568食
16 2010年9月27日 きゅうりと燕麦のスープ 564食
15 2010年6月21日 ボン・ファム 542食
14 2010年3月23日 ポルトガル風人参のポタージュ 569食
13 2010年1月18日 鯛とじゃがいものブイヤベース 556食
12 2009年9月14日 なすと大麦のスープ  568食
11 2009年6月29日 たまねぎのぽったら煮
トマトジュース
554食
394食
10 2009年3月30日 クレソンのスープとオートミール 555食
9 2008年12月8日 さつまいものスープ 536食
8 2008年9月22日 きゅうりと燕麦のスープ 452食
7 2008年6月23日 玉葱のぽったら煮
トマトジュース
552食
395食
6 2008年3月24日 クレソンのスープとオートミール 547食
5 2007年10月22日 ボン・ファム 164食
4 2007年6月25日 玉葱のぽったら煮
トマトジュース
444食
349食
3 2007年3月12日 クレソンのスープとオートミール 465食
2 2006年12月7日
2006年12月12日
2006年12月19日
スペインのおじや風 389食
1 2006年8月21日 なすと大麦のスープ
人参のスープ
273食
254食

 

■近森病院スープサービス5周年 20回記念イベント

開催日:2011年10月15日
テーマ:「いのちを支えるスープ」
参加者:約150名(近森会職員・医療関係者・一般公募)

  • 辰巳さんの鎌倉のご自宅で開かれている「スープ教室」を忠実に再現し、4種類のスープの仕込みから完成までを、内弟子の対馬さん、高知パレスホテルの田中シェフと共に実演していただきました。
  • 参加者の皆さんには、3種類のスープをご試食いただきました。(なすと大麦のスープ・ボンファム・玄米のスープ)

 

■スープの栄養価
なすと大麦 にんじん しいたけ 玄米 スペインのおじや風
小松菜 クレソン 玉ねぎ トマト ボンファム
きゅうりと燕麦 さつまいも アスパラガス 小かぶ 鯛とじゃがいも

*画像をクリックすると大きく表示されます。

■各スープ配膳記録
スープ 提供 回数 写真 カード
なすと大麦のスープ 2006夏
2009夏
2011夏
2012夏
2013夏
5
スペインのおじや風 2006冬
2010冬
2
クレソンのスープと
オートミール
2007春
2008春
2009春
2013春
2014春
5
玉ねぎのぽったら煮 2007夏
2008夏
2009夏
3
ボン・ファム 2007秋
2010夏
2012夏
3
きゅうりと燕麦のスープ 2008秋
2010秋
2
さつまいものスープ 2008冬 1
鯛とじゃがいもの
ブイヤベース
2010冬 1
ポルトガル風
にんじんのポタージュ
2006夏
2010春
2011春
2012春
2014冬
5
アスパラガスのポタージュ 2011夏
2013夏
2014夏
2015夏
4
小かぶのポタージュ 2012冬
2013冬
2
かぼちゃのポタージュ 2015冬 1
うすいえんどうのペイザンヌ風スープ 2015夏 1
さつまいものポタージュ 2015冬  
ボンファム 2016春  

 

■スープサービス委員
  • 北村龍彦(外科部長)
     同僚の終末期ケア時にこのスープに出会いました。医療者として患者さんに向かい合う姿勢と辰巳芳子さんがスープやお料理に込められた「あなたのために」の思いが合致しました。
     入院患者さんへのスープサービスがきっかけで、辰巳さんと公私ともに親交を深めるなかで、多くのことを学ばせていただいています。
     スープサービスを継続するために近森正幸理事長をはじめ、多くの仲間が志を同じくして取り組んできました。これまでの取り組みの一端をこのホームページで共有できることを感謝いたします。
     
  • 吉村貴志(高知パレスホテル 代表取締役 社長
    「あなたのために… いのちを支えるスープ」辰巳芳子さんの著書に巡り合い、先生に師事し、人として生きてゆくために一番大切な「食」の在り方を学びました。
    食材選びから調理まで、愛するあなたのために…「食」を追求し、そのひとつの結果が「いのちを支えるスープ」であると思います。
     
  • 田中秀典(高知パレスホテル ラ・プランセス 総料理長)
    辰巳先生のスープの弟子の田中です。先生よりお習いしたスープは召し上がる方へ心を込めてエームサービススタッフの方々とご一緒にお作りしています。「食は呼吸と等しく人間が生きる仕組みに組み込まれている」と「あなたのために」をいつも思いながら。
     
  • 宮澤靖(近森病院 臨床栄養部 部長)
    辰巳芳子先生が病床のお父さんのために工夫を凝らして作り続けたスープは、人々を癒す「いのちのスープ」と呼ばれ、たくさんの人に感動を与えています。栄養学的にも素晴らしい組成であるこのスープを辰巳先生のご指導により提供できることは、大変名誉であると感じています。
     
  • AIMサービス株式会社
    北村副院長より命のスープというお食事があることお伺いし、私どもも辰巳先生の想いに感銘をお受けしてこのプロジェクトに参加致しました。大量調理向きではない調理方法でしたが、田中シェフと試行錯誤を繰り返して命のスープを再現することが出来ました。一つ一つの作業が大変ですが、とてもやりがいを感じれるスープです。今後も、出来るだけ辰巳先生のスープを再現できるよう北村副院長、田中シェフの指導の下しっかりと提供して参ります。