患者さんの権利

患者さんには、人間としての尊厳をもって医療を受ける権利があります。私たちは、患者さんに自分の意志で主体的に医療に関わっていただきたいと願っています。また、お互いの信頼関係に基づいて「患者さん中心の医療」を実践していきたいと考えております。

  1. 最善の医療
    患者さんは、誰でも、最善の医療を公平に受ける権利があります。

  2. 人格の尊
    患者さんは、その人格・価値観が尊重され、一人の人間として医療を受ける権利があります。

  3. 納得と合意
    患者さんは、病気・検査・治療・見通しなどについて、分かりやすい言葉や方法で納得できるまで、十分な説明を受ける権利があります。

  4. セカンドオピニオン
    患者さんは、いかなる治療段階においても、病気あるいはその治療方法などについて、他の医師もしくは他の医療機関の意見を聞くことができます。

  5. 自己決定権
    患者さんは、十分な説明を受けた上で、治療方法などを自らの意志で選択し、決定する権利があります。

  6. カルテの開示
    患者さんは、自分のカルテの閲覧や複写、内容の要約や説明を受けるなど、診療記録の開示を求める権利があります。

  7. プライバシーの保護
    患者さんは、診療中に得られた患者さん個人の情報の秘密が守られ、プライバシーを乱されない権利があります。

  8. 研究的医療
    患者さんは、薬の治験(新薬の臨床試験)や治療法が確立されていない医療について、その目的や危険性など十分な説明を受けた上で、その医療を受けるかどうかを決める権利と、どのような不利益をも受けることなく、いつでもその医療を拒否する権利を持っています。