公表内容

社会近森会グループ 近森リハビリテーション病院

はじめに
近森リハビリテーション病院は患者さまが「どのような障害があって、年老いても住み慣れた地域でその人らしく生活が送れるように支援する」ことを第一の目標に揚げる回復期リハビリテーションの専門病院であります。そのため当院では地域のかかりつけ医、かかりつけ病院や介護保険施設および介護保険サービス事業所と患者さまの診療および退院後の地域・施設生活に必要な情報の共有を行い、密接な連携を深めていく必要があります。また、臨床研修・実習病院として研修医や医学生、各専門職の学生に対し質の高い臨床研修・実習を行い、医師および各専門職の育成のための責務を果たさなくてはなりません。

このような背景を踏まえ、個人情報保護法の施行にあたり以下に公表いたします。

個人情報にかかる診療情報提供の対象者は、あくまで患者様ご本人が原則であり、患者様の同意を得ることなく、後述する目的以外の利用や第三者へ提供することがないことをお約束します。

Ⅰ.個人情報取扱事業者名称
  • 社会医療法人近森会 近森リハビリテーション病院
Ⅱ.個人情報利用の目的
  • 受付等で記載いただいた保険証や問診票・診察申込書などの個人情報は、患者様への医療提供のために利用します。(カルテ作成、検索、取出し、保険確認、本人確認、院外処方箋発行等、院内の医療行為全てに使用されます。保険証はカルテ作成時の転記ミス防止の為コピーを1部取らせていただく場合があります)
  • 患者様の入退院にかかる病棟管理に利用します。
  • 医療の質の向上や安全確保、医療事故の未然防止のための分析や報告に利用します。
  • 医療、介護サービスや業務の維持、改善の為の基礎資料として利用します。
  • 治療経過や予後調査、満足度調査、業務改善のためのアンケート調査に利用します。
  • 患者様が継続的によい医療を受けられるよう、診療に関する情報を外部の病院、診療所、施設等との医療連携を行うために互いに情報交換を致します。この情報は患者様の医療の為だけに利用します。
  • 患者様への医療提供のため、外部の医師等の意見、助言を求めるために利用します。
  • 患者様への医療提供に際して、了解を得たご家族等への病状、経過等の説明を行うため利用します。
  • 法人内で職員を対象とした研修・検討会で、また、学会や研究等で医療の発展を目的として個人情報を利用する場合がありますが、この場合は個人が特定されないよう匿名化して使用します。匿名化が困難な場合はご本人に通知の上同意を得ます。
  • 一般に公開する研修会・講演会へのご案内を、患者様ご自身にお知らせする為に使用することがあります。
  • 当法人では、院内業務の一部や検査を外部委託する場合があります。その際、患者様の情報を委託業者に知らせる必要がありますが、この場合、信頼できる業者であることは勿論、個人情報が不適切に取り扱われないよう契約を交わし、かつ定期的な内部監査を行います。
  • 医事会計業務及び保険請求業務(審査支払機関や保険者へのレセプト提出や照会への回答)に使用するほか、場合により未収金発生時にはその督促、回収業務に使用します。
  • 院内でのお名前の表示、お呼び出し、ならびにお見舞いの方へのご案内と電話のお取次ぎについては、お申し出があれば制限させていただきます。
  • 事業者等からその委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者へのその結果の通知。
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等。
  • 第三者機関への質の向上・安全確保・医療事故対応・未然防止のための報告。
  • メディカルコントロール体制充実(救急隊員の教育、質の向上等)のための情報共有。
Ⅲ.共同利用に関する事項

当院と協力関係にある外部の医療機関、介護関連施設、訪問看護ステーションなどで下記の通り個人情報を共同利用します。(他の事業者への情報提供を伴います)

  • 共同して利用される個人データの項目
    住所 氏名 年齢 生年月日 電話番号 傷病名 家族情報 薬歴 病歴等
  • 共同して利用する者の範囲
    外部の医療機関、介護関連施設、訪問看護・訪問介護事業所 ケアマネージャー等
  • 利用する者の利用目的
    医療連携、共同診療、機器の共同利用、訪問看護サービス 訪問介護サービスケアプラン作成 等のサービス提供
  • 該当個人データの管理について責任を有する者の氏名又は名称
    近森リハビリテーション病院 院長
Ⅳ.第三者提供について

予めご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。但し次の場合は除きます

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護の為に必要な場合であって、ご本人の同意を得ることが困難な場合。
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。
Ⅴ.研修生の利用に関する事項

近森リハビリテーション病院では、基幹病院である近森病院が臨床研修病院でもあり、多くの研修医や研修生を受け入れており、これらの人の研修教育の為、個人情報を利用します。

Ⅵ.電話等でのお問い合わせ

電話等でのお問い合わせや取次ぎについては、原則的に行っておりません。緊急の場合は、ご本人との関係を確認の上スタッフが伝言をお取次ぎ致しますので、お申し出ください。

Ⅶ.開示請求について

当法人では、患者様の必要に応じて医療情報の開示をしています。但し、法に基づき請求に応じられない場合もあります。

  • 患者様本人による個人データの開示、訂正、利用停止等の請求
    窓口:医療相談室   利用料 2,000 円 + コピー代実費
Ⅷ.個人情報の取扱いに関する苦情の申出先
  • 申出窓口:  近森会グループ 近森リハビリテーション病院 医療相談室
    高知市廿代町1−22
    電話 088 -822-5231(内線 2806)
    E-Mail: ご意見・お問い合わせページ

※情報保護のため、メールには苦情内容を書かず、苦情申し込みの旨をお書き下さい

  • ご来院について
    直接ご来院頂く場合は、予めご連絡を頂いた上でお越し下さい。ご連絡のないお申し出はお受け致しかねますので、その旨ご了承賜りますようお願い申し上げます。
Ⅸ.当院の所属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先

 現在、当院の所属する認定個人情報保護団体はありません。

2005 年 4 月 1 日第一版

社会医療法人近森会 近森リハビリテーション病院