放射線科

■放射線科について

【特色】

放射線科の業務は、放射線診断・核医学・放射線治療の三部門から成っていますが、当院では放射線治療部門が無いため、前二者が中心となっています。

放射線診断では、超音波検査や消化管透視、血管造影などの放射線科医が自ら行い診断する検査業務の他に、CTやMRI、核医学などの高度な医療機器を駆使して行う画像診断検査に素速く正確な診断レポートを書く読影業務があり、病院全体の迅速な診断と治療を行う上で重要な役割を果たしています。

この他最近では、診断部門から独立したインターベンショナルラジオロジー(IVR)という、血管造影などの診断に用いる手技を使って血管の狭窄や閉塞部を拡げたり(拡張術)、出血や腫瘍血管の血流を止めたり(塞栓術)、急性胆嚢炎や閉塞性黄疸の経皮的ドレナージを行うなど、従来では手術しないと治せなかった様な疾患を経皮的かつ低侵襲的に治療する部門が発達し、放射線科業務の重要な一角を占める様になっており、当科では脳外科の行う頭部領域や循環器科の行う心臓領域を除く全身のIVRに幅広く対応しています。

放射線科の業務は、院内の画像診断に関するサービス業とコンサルタント業を高いレベルで両立させる司令塔の役割を果たすと共に、IVRを駆使する高度な技術が要求される、現代医療では不可欠な部門であり、病院の質的向上に大いに寄与しています。

患者さんの画像診断やIVRに関するあらゆる疑問や、いろいろな病気(特に悪性疾患)に関するセカンド・オピニオンとしても気楽にご相談ください。


■スタッフの紹介
放射線科部長
宮崎 延裕 (高知県 出身)
Nobuhiro Miyazaki M.D.
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会 専門医
腹部ステントグラフト指導医
高知大学医学部 臨床教授
【専門分野】IVR全般

放射線科科長
清水 和人 (愛媛県 出身)
Kazuto Shimizu M.D.
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会 専門医
高知大学医学部 臨床准教授
【専門分野】IVR全般

放射線科科長
細田 幸司 (高知県 出身)
Kouji Hosoda M.D.
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
高知大学医学部 臨床講師
【専門分野】画像診断,IVR 全般
【PR】適切な診断ができるよう心がけております。宜しくお願いいたします。

後期研修医
時信 麻美 (高知県 出身)
Asami Tokinobu M.D.
 

■各種資料へ

>>年報資料へはこちら