救命救急病棟

高木 友貴(タカギ ユキ)
入 職:2012年
出身校:高知女子大学(現:高知県立大学)

うちのここがすごい!!

毎日、さまざまな疾患の患者さんが入院してくるため、学びがいっぱい、刺激いっぱいの病棟です。精神科で勤めた経験しかなかったので、私に重症患者さんの看護ができるのかと最初は不安でいっぱいでした。でも、部署全体で報告・相談できる環境づくりをしてくれていて、また、急変対応や各専門分野に精通した先輩がたくさんいるので、安心して患者さんと関わることができています。基本的に二人の患者さんを受け持つので、しっかりと病態を学べるだけでなく、急性期特有の不安を軽減できるようじっくりと時間をかけて関わることができるところにやりがいがあります

看護師を目指すあなたへ

救命救急病棟と聞くととてもハードルが高く「私にできるかな…」と不安に思われる方も多いと思います。1年前の私がまさにそうでした。患者さんとじっくり関わることが好きな性格で、勉強は得意とはいえなかった私に勤まるのか不安でいっぱいでした。でも、仕事はハードですが、看護カンファレンスやケアをスタッフみんなで協力して行う中で、自分の成長を感じながらやりがいをもって働くことができています。とてもキレイで新しい設備の整った病棟であなたも一緒に頑張ってみませんか?

NS_Baner_KK

うちのここがすごい!!

多様な疾患で入院される患者さんとの関わりで、フィジカルアセスメント能力、知識・技術、緊急時の状況対応能力を磨くことができます。集中治療という厳しい現場でありながらも、和やかな雰囲気で親しみやすい感じの職場です

看護師を目指すあなたへ

理想に近付くには経験と知識が必要です。今はまだまだですが、段々とできるようになったのを実感できるとあきらめずにやっていこうと思えます。女性の多い職場なので男性看護師として不安がありましたが、近森病院は同期にも男性看護師が多く、他の職種の人たちも沢山いますし、むしろ男性として重宝がられることも多く働きやすいですよ

Print Friendly